簡単にgiveawayができる!?超初心者でもできるSpreadを使ったgiveaway

  • URLをコピーしました!

こんにちわ。NFTクリエーターとしてSOUPGIRLSを作っているゆるりです。
今回はTwitterと連携してgiveawayができるツールのspreadを使ってgiveawayの企画をやってみました。

実際に受け取った方の感想です。初心者の方でもとっても簡単にNFTを受け取ることができます。
今回はこちらSpreadについてご紹介します。

giveawayって何??って人は下の記事をご覧ください。

Spreadの公式サイトはこちらから↓

目次

NFTを配布できるSpreadとは

Spreadとはウォレットの接続と登録、ある特定の条件を達成した人にNFTを配布できるとても画期的なサービスです。
これだけ聞いてもあまりピンとこないかもしれません。

今まで、NFTを配布するには配布する人にはとても大変な作業が必要でした。

  1. 参加してくれた人一人一人が条件を達成できているか自分で確認する必要がある
  2. 送り先のアドレスを参加者全員分DM等で送ってもらう必要がある
  3. 送る人のウォレットアドレスを一人ずつ入力してトランスファー作業を行う

などなど、大勢の方が参加した場合、一人ずつトランスファーを行う必要があったのでなかなか大変な作業が必要でした。
Openseaでの通常のgiveawayについてはコチラ

一方、spreadを使用すると手間が省ける点が多々あります。

  • 参加者のウォレットアドレスを配布者は知らなくても配布ができる
  • 一人一人にトランスファーする必要がない

これはとっても画期的なことです。今までopenseaの調子が悪くてなかなか送れなかったりなかなかトランスファーは大変な作業でしたが、その手間が一気に送り手にとっては楽になります。

NFTを実際にSpreadで配布する方法

公式サイトの使い方については下記を参照されてください

それでは使い方について説明していきます。

まず企画のことをspreadではクエストと呼んでいるので、クエストの作成を行います。
下はマイページにクエストのある状態なので、クエストリストに一つ表示されていますが、新規作成時には
右上の「+create」をクリックします。

今回は私が作った11月26日いいお風呂の日プレゼント配布を参考に説明していきます。

NFTgiveawayをspreadで行う方法

まず、企画の名前、紹介を記入します。

NFTgiveawayをspreadで行う方法

受け取る方のクエスト紹介ページからは下記のように表示されます。

次にNFTの画像と説明欄です。

※こちらについてはクエスト作成後に変更をすることができないので注意してください。
今回、私の作ったクエストページも表示が消えていました。

次に今回のクエスト達成の条件を入れていきます。

いわゆるgiveawayを行うときに条件として入ってくるものの多くは

  • ○○のフォロー
  • このツイートをRT&いいね

になってくるかと思うのですが、Spreadでは特定の条件を満たしたTwitterアカウントのウォレットアドレスかを
判断してNFTを配布することができる非常に便利なツールです。

  • 特定のアカウントのフォロー(複数可)
  • 特定のtweetのイイね
  • 特定のtweetのリツーイト
  • 特定のキーワードの使用
  • フォロワー数
  • 特定のNFTを持っているかどうか

などを条件として設定することができます。

NFTgiveawayをspreadで行う方法

今回、私は自分のTwitterアカウントとツールのSpreadさんの公式アカウントをフォローすることを条件としました。
「,」で仕切ることで複数のTwitterアカウントのフォローを条件として設定することができます。

今回私が使用したgiveaway紹介ツイートがこちらです。

今回、こちらのtweetのリツーイトといいねを条件にしました。
こちらのLike URLとRetweet URLところに上記ツイートのURLを入力しました。

NFTgiveawayをspreadで行う方法

上限配布は300枚までなので、300枚にしました。
これで一番最初はcreateを押すとガス代の画面が表示されるので、そこでOKをすれば完成です。
私のNFT配布のspreadのページが下記になります。
条件を満たした状態で下にウォレットを接続するとmintすることができます。

NFTをSpreadで配布してみた感想

注意が必要な点について

  • 配布者は最初の登録時にガス代が必要
  • ブロックチェーンはpolygonのみ
  • 配布枚数の上限は300枚まで

受け取る方のガス代は不要です。
次に、ここは盲点だったなぁというところについて。

  • Spreadの登録が面倒だと感じてしまうと受け取りのハードルが高くなってしまう。
  • 今まで勝手にhiddenに送り付けていたものを、受け取る側が自らミントしに行く必要がある
  • この記事を書いた時点でRT&いいねが110件ほどなのに受け取り数が約90件ほどということはうまく受け取れていない人が20人ほどいる…

大変ありがたいことに、

公式サイトのTOPページにも私の企画が表示されていたこと
公式Twitterアカウント様よりご紹介いただいたこと



Spreadを利用したgiveawayの参加になれている方から沢山ご参加いただきました。
一方、Spreadの使い方がイマイチわかっていない方、通常のgiveawayのように一方的にトランスファーしてもらえるものだと思い込んでいる方はうまく受け取れていなかったのかなぁといった印象を受けました。

とはいえ、giveawayをする上でのとても貴重なツールの一つです。
Mintできました報告を頂けるのは本当にうれしかったです。
無料で使用できるのは大変画期的なことです。是非ご興味ある方は試しに使ってみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

調剤薬局にてフルタイムの薬剤師をしながら副業でバナー&サムネイル制作、web制作&お薬相談。ココナラ売り上げ実績90件以上。現在NFTクリエーターをメインに活動しております。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次